ニキビを治すは間違い!予防こそニキビ改善の近道

ニキビは治すよりも予防

ニキビを治すという考え方はある意味間違いかも。

できてしまったニキビを治すクスリを探すよりも、これからできないようにするのがホントのニキビ治療であり改善方法です。

新しくできるニキビを防げば治せる

ニキビができてしまったので早く治すクスリを必死でさがした経験ってありますよね。

でもできてしまったニキビはそのままほうっておいても自然に治りますし、どれだけ効果があるという噂の塗りクスリを塗っても、ニキビが治る速さはあまりかわりません

 

塗り薬の効果に期待するよりも浸透力が問題

アクネ菌は嫌気性菌の一種で毛穴の奥の空気がないところに生きています。

空気すら入らない毛穴の奥に、塗り薬を浸透させようと言うコト自体がもともと難しいことなんです。

カラダ本来のバランス力でニキビを予防しましょう

それよりもニキビができてしまう原因に着目しましょう。

ニキビが次から次にできてしまうということは、体の中のバランスが崩れてしまっているということ。

まずは生活を見直して、それでもニキビが治らないときには飲みクスリも併用しながら、体のバランスを取り戻すときが一番大事です。

本来持っているはずの正しいホルモンバランスや免疫力を取り戻すことで、新しくできるニキビを予防していけば、やがてニキビはできなくなります。

 

細菌って?ウィルスとの違いと構造

細菌とは英語で言うところのバクテリアのこと。

一つの細胞からできている単純な構造の生物で、核を持っていて分裂することで増えていきます。

ヒトの体の中にもたくさんの細菌が住んでいて、ビフィズス菌などその中でも人間に有益に働くものを善玉菌と呼んでいます。

アクネ菌と細菌

悪玉菌が入ったときに殺菌するのに用いいられるのが抗生物質です。

細菌よりももういち段階単純な構造をしているのがウィルスで、逆にもう一段階複雑になったものがカビなどの真菌です。

構造 種類
そこそこ単純 真菌 カビなど
単純 細菌(バクテリア) アクネ菌、ビフィズス菌など
かなり単純 ウィルス インフルエンザなど

ちなみにBSE(狂牛病)で問題になったブリオンは、ウィルスよりも更に単純な構造で、生物であるかどうかの境みたいなものだとか。

タイトルとURLをコピーしました