肌荒れしているときにこそ重要なこと。保湿と紫外線カットでピリピリを防ぐ方法

肌荒れ対策

肌荒れしているときにはどうやってスキンケアしていくのがいいのでしょう。

肌があれているときに注意しておきたいことをまとめました。

肌荒れのときこそ重要なのが保湿と紫外線カット

荒れた肌からは水分がどんどん蒸発していくものです。

肌荒れしているからといって何も付けないでいるとさらに荒れることになってしまうので、保湿をしっかりすることが大切です。

だからといって肌にぴりぴりとしみるようなものを使うのはNGです。

 

肌荒れしているときにはクリームだけかワセリンで

もしひどい肌荒れを起こしてしまったときには水っぽいものの方がしみやすいので、油分の多いものの方が肌への刺激は少なくてやさしいものです。

こんな時の応急処置として、化粧水、乳液、クリームのどれか一つを選ぶとしたら、クリームがおすすめです。

クリームを付けてもしみるときには、ワセリンを塗ってみて下さい。

ワセリンは薬局やドラッグストアで400円くらいで売っているので手軽に試すことができますよ。

ワセリンとは石油由来の炭化水素類の混合物を精製したものです。肌にやさしくアトピー性皮膚炎の治療にも使われます。

 

肌荒れしているときにおすすめの紫外線対策

肌荒れを起こしていても紫外線対策は必要です。

外出するときにはパウダーファンデーションか粉おしろい(ルースパウダー)をつけるようにして下さい。

SPF表示のないパウダー類にも全て紫外線を防ぐ効果があります。

でもパウダー類は肌を乾燥させてしまうので、下に保湿クリームを塗るのをお忘れなく。

そして帰宅したらすぐにダブル洗顔をして、もう一度保湿クリームをしっかり塗るようにしましょう。

日焼け止めクリームは肌に刺激があるので、肌荒れを起こしているときには避けるようにして下さい。

 

肌荒れ対策は1週間で様子をみましょう

こうして肌を休めてあげると、1週間位でお肌の調子は落ち着いてくるはずです。

肌の状態を確認しながら、美容液や化粧水などを少しずつ加えていくようにしましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました